夫の浮気相手が逆切れ、私を訴えると言い出しました。

主人の浮気相手を訴えるはずが、逆に相手に訴えられそうです。どうなってるの?

「パートナーである大切な妻を疑いたくない」「妻が浮
気しているなんてとても信じられない」なんて人が大抵
のはずです。けれども実態として、妻による浮気という
例が明らかに増えているのです。
結婚してから、他の女と浮気で不安にさせたことがない
夫であるのに他の女性と浮気したってことになると、メ
ンタル面でのダメージが強烈で、相手の女性も真面目な
気持ちだと、結果、離婚する夫婦もかなり増えているよ
うです。
妻や夫による浮気、すなわち「不倫」を察知して、「絶
対に離婚!」という意思を固めても、「もう配偶者とは
会いたくない。」「協議どころか会話もしたくないから
。」と、相談することもなく正式な離婚届を役所に出す
のはもってのほかです。
浮気が理由で離婚ができていなくても、浮気や不倫をさ
れたら、慰謝料として損害を賠償請求できるのですが、
離婚に至る場合のほうが認められる慰謝料が高くなるの
は本当みたいです。
離婚することになる理由はたくさんありますが、「家庭
にお金を入れない」「性生活が成り立たない」などもあ
り得ると思います。だけど様々な理由の元凶は「内緒で
不倫をしているため」なのかもしれないです。

どうも最近夫の雰囲気が怪しかったとか、なんだか近頃
残業になったと、帰宅時間が遅くなった等、夫が浮気し
ているんじゃないかと疑惑の目で見てしまう出来事って
よくありますよね。
相手のほうでは、不倫をしたということについて、重く
受け止めていないことが大部分で、議論の場に現れない
ということもかなりの割合を占めます。だが、弁護士に
よる書面で呼び出されたときは、ほっとくわけにはいか
ないのです。
どうも浮気してる?と感づいたときには、躊躇せずに浮
気や不倫をしているかどうかの素行調査の申込をしたほ
うが賢明です。調査日数が少ないと、調査に必要な料金
もずいぶん安く済ませられます。
結局夫の浮気が判明した際、どんなことよりもまず大事
なのは浮気をされた妻の考えであると断言できます。夫
を許すか、この際別れて新しい人生を始めるのか。納得
いくまで考えて、後悔しない決断が欠かせません。
疑いの心がなくなるように、「恋人やパートナーが浮気
しているのかしていないのか事実を把握したい」という
希望のある方たちが不倫調査を頼んでいるわけです。疑
念をなくせない結果になってしまう場合も少なくありま
せん。

恋人だった人から慰謝料を支払えと言われたとか、セク
ハラの被害にあったとか、この他多彩なトラブルがござ
います。一人ぼっちで悩むのはもうやめて、法律のプロ
である弁護士にご相談いただくのがベストです。
短絡的に費用の安さのみならず、トータルで無駄を見直
して、確定する費用が何円なのかに関しても、浮気調査
を依頼するときには、注目するべき項目であるので注意
しましょう。
慰謝料を払うよう先方に要求する時期っていうのは、不
倫していることが露見したとか離婚が決定したときしか
ないと思うのは誤解です。実例では、納得したはずの慰
謝料が離婚後になって支払われないという場合があるよ
うです。
家族のことを考えて、文句を言うこともなく家庭内での
仕事を妥協することなく頑張ってきた女性の場合、夫の
浮気が判明したなんてときには、怒りが爆発してしまう
とのことです。
依頼する、しない、どっちが正解?費用はいくらなの?
調査は何日?何週間?何か月?時間や費用をかけて不倫
調査を探偵にやってもらったとしても、何もわからなか
ったら相談に乗ってくれるんだろうか?とか。それぞれ
苦悩してしまうのも無理もないことです。

 

次のページへ