浮気をした夫と浮気相手に責任を取ってもらいたい

夫の浮気がはっきりしたので、夫と浮気相手を訴えたいと思います。

一般的に賠償問題になった場合については、3年経過で
時効と民法に明記されています。不倫していることが確
認できて、ただちに実績のある弁護士を訪ねれば、時効
に関する問題は持ちあがらないのです。
既婚者の場合、配偶者による不貞行為、不倫の証拠をつ
かんで、「何があっても離婚する」ということを決めた
場合でも、「配偶者の顔も見たくない。」「話し合いな
んかする気にもなれない。」なんていって、話し合いを
せずに離婚届を勝手に出すというのはやめてください。

いいかげんに調査費用の安さのみを選択する基準にして
、相談する探偵事務所などを選ばれますと、自分自身が
満足できる報告がないまま、高額な調査料金のみ要求さ
れるような場合もありうるのです。
実際問題として弁護士が不倫騒動の際に、一番重要であ
ると考えていること、それは、お待たせすることなく終
わらせると断言できます。訴えを起こした側でも訴えら
れた側であっても、早急な活動や処理をするのが当たり
前なのです。
浮気や不倫の証拠などを見つけるのは、夫に説諭するタ
イミングでも欠かせませんが、この件で離婚のこともあ
りうるのでしたら、証拠の重要性はもっと高まることに
なります。

「スマホやガラケーを詳しく調べて浮気をしている証拠
を探し出す」なんてのは、一般的に使用頻度が高い調査
方法です。携帯やスマホは、普段から生活の中でいつで
も利用している連絡道具ですから、浮気を裏付ける情報
や証拠が残ってしまうことがあるわけです。
普段よく聞く離婚の訳が「浮気」あるいは「性格の不一
致」なんて言われていますが、それらの中でも最も問題
が起きることになるのは、夫や妻による浮気、すなわち
「不倫」でしょうね。
探偵が行う浮気調査だと、それなりの金額は発生するの
ですが、プロの探偵の仕事ですから、想像以上に高品質
な手に入れたかった証拠が、気づかれずに入手できるの
で、ちっとも不安にならずに済みます。
なかでも妻の浮気問題についての相談とかアドバイスを
もらうのは、恥ずかしいと思う気持ちやプライドの高さ
が妨げとなって、「人にこんなことを話すなんて?!」
そんな考えが頭に浮かんでしまって、話をするのを尻込
みしてしまう方が多いのです。
将来の養育費であるとか慰謝料を要求する時点で、大切
な証拠を集めるとか、どんな人と浮気しているのか?な
んて際の身元調査だとか関係した人間の素行調査も可能
です。

行動などがいつもの夫と違うとなれば、浮気のサインで
す。常に「仕事なんかつまらん」とぼやいていた夫が、
楽しそうに仕事に向かうようなら、確実に浮気でしょう
ね。
少しだけ夫の感じが変化したり、なぜか突然残業になっ
たと、帰る時間が遅くなった等、夫は浮気中じゃないか
と勘繰ってしまいたくなる原因は割りとあります。
不貞行為である浮気・不倫によって安らいだ家族と家庭
生活を修復できないほど壊して、正式に離婚となること
も珍しくはないのです。そしてその上、心的被害への賠
償である配偶者からの慰謝料請求に関する問題も生じる
のです。
ターゲットに怪しまれずに、用心深く調査をするのが重
要です。低い料金で依頼できる探偵社を選んで、とんで
もない大失敗を犯すこと、これは絶対に避けるべきです

恋人や夫が浮気しているかどうかを確かめたければ、利
用しているクレジットカードの明細、CDやATMでの
引き出し、スマホや携帯電話、メールについての連絡先
と日時を探って確認すれば、確実に証拠を押さえられま
す。

 

次ページへ