浮気や不倫て一体なに。裏切られた人は結局どうすればいいの?

浮気や不倫の定義って何?裏切られた側はどうしたらいいの?

仮に配偶者の浮気、つまり不倫の証拠をつかんで、「ど
うしても離婚」と決めても、「パートナーに会いたくな
い。」「話し合いなんかする気にもなれない。」なんて
いって、話し合いの場を持たずに離婚届を自分だけで出
すというのはやめてください。
ほとんどの夫は妻が浮気していることを覚るまでにずい
ぶん月日が過ぎてしまうなんてことをよく耳にします。
会社から帰宅してもかすかな妻の行動などの違いを感じ
られないわけですから仕方ありません。
時々、詳しい調査料金の基準や体系を確認できるように
公開している探偵事務所も実在していますが、いまだに
料金は、きちんと見られるようにしていない探偵事務所
などばかりというのが現状です。
何らかの事情で浮気調査をするかどうか迷っているとい
うことなら、安い料金だけに目を奪われることなく、ど
の程度の調査能力を備えているかという点も十分に確認
しておきましょう。実力が足りない探偵社に調査依頼し
たところで、何の値打もありません。
「調査の担当者の保有する技能と調査用の機材のレベル
」によって浮気調査は決まるんです。調査担当者の能力
の正確な測定なんて不可能ですが、どういったレベルの
機材を持っているのかは、明確にすることができます。

プロの探偵に調査などを依頼するということをするのは
、死ぬまでに一回あるかどうか、そんな人が非常に多い
と思います。探偵などに調査などをお任せしようと検討
しているときに、何よりも気になるのは必要な料金でし
ょう。
なるべく素早く請求した金銭の回収を行い、依頼があっ
た方の心の中に区切りをつけさせてあげることが、配偶
者の不倫による被害者となった方の弁護士の重要な業務
です。
不倫相手などに慰謝料を請求する時期については不倫し
ていることが露見したときだとか離婚成立の際だけじゃ
ないんです。一例をご紹介すると、支払いについて合意
済みの慰謝料を離婚してから支払いを渋る、そんな状況
になることもあるのです。
浮気・不倫調査というのは、依頼内容によって調査を行
う内容に開きがあることがかなりある任務になります。
ですから、調査に関する契約内容が分かりやすく、かつ
問題なく定められているのかのチェックは必須です。
調査の調査料金というのは、独自に探偵社が設定してい
るので大きな開きがあります。そうはいっても、料金の
みでどれくらい優秀な探偵なのかということについては
不明です。何か所も問い合わせたり比べてみることも重
要なポイントなのでご注意ください。

自分を裏切って妻が浮気してるんじゃないか…そんなふ
うに疑っているときは、ヒステリックに行動してはいけ
ません。冷静に振る舞ってもらわないと、証拠をつかむ
チャンスを逸して、とんでもなく苦しまなければならな
い状態になる場合もあるんです。
裁判所など法的な機関ですと、やはり証拠や第三者から
の証言等がないと、浮気の事実はないものとされます。
離婚のうち、調停・裁判によるものは結構難しく、離婚
しかないという事情を示すことができなければ、認めて
もらうことができないのです。
今から始まるあなたの人生を幸せなものにするためにも
、妻が浮気中であると怪しいと思い始めたときから、「
冷静に判断して行動すること。」それを忘れなければ浮
気や不倫のトラブル解消のための最善策として有効なの
です。
とにかく不倫調査を考えているのなら、探偵事務所に依
頼するのがベストです。慰謝料をたっぷりとりたいとか
、正式に離婚を考えているなんて方は、明確な証拠の収
集が不可欠なので、なおのことです。
夫婦の離婚理由はケースごとに違って、「最低限の生活
費を出してもらえない」「夜の夫婦生活に問題がある」
などももちろん含まれていると思います。だけど様々な
理由の元凶は「不倫の相手がいるから」ということかも
しれません。

 

次ページへ