浮気調査の証拠は、画像、ビデオ、音声、記録

浮気調査における証拠とは不貞の事実が分るものです。

「調査員がどの程度の技能を持っているのか、や最新の
機器を使っているか」といった要素で浮気調査は決まる
のです。浮気調査をする担当個人が備えている能力につ
いて細かく知ることは無理だけどどんな機器を所有して
いるかということについてだったら、ちゃんとわかりま
す。
悩んでいても、やはり浮気している妻についての相談を
するというのは、意識していても世間体や恥と思う気持
ちを捨てることができず、「こんな恥ずかしい話はでき
ない」なんて決めてかかって、話をするのを渋ってしま
うケースがかなりあります。
婚約者から慰謝料の支払いを求められた、深刻なセクハ
ラに悩んでいる、この他多彩なトラブルで皆さんお困り
です。ご自分一人で悩み苦しまず、なるべくお任せでき
る弁護士に頼んでみてください。
浮気?と思っても夫を調査するのに、あなたの知ってい
る友人であるとか家族などに力を貸してもらうのはやっ
てはいけないのです。あなたが妻として夫と対峙し、浮
気が本当なのか勘違いなのかを聞くべきなのです。
よく聞く着手金というお金は、実際の調査をするときに
必要な給与や情報の収集の際に必ず発生する基本的な費
用です。実際の費用は探偵事務所や興信所ごとに全然違
ってくるのです。

パートナーと協議したいときでも、パートナーの浮気相
手に慰謝料を支払わせたい人も、離婚した場合調停や裁
判の結果が自分に有利なものにしたいときも、誰が見て
もわかる浮気を裏付ける証拠を掴んでいなければ、話が
進むことはありません。
頼みたいんだけれどいいのかな?費用はおいくらですか
?何日間待てばいいの?せっかく不倫調査をやっても、
結果が見えなかったらいったいどうなってしまうの?な
んだかんだ迷いがあるのは無理もないことです。
不倫で発生した問題の弁護士に支払う費用は、賠償請求
する慰謝料の請求額がいくらになるかということで上下
します。被害に対する慰謝料が高いケースほど、準備す
る弁護士費用に含まれる着手金だって上がるというわけ
です。
単に浮気調査を行って、「浮気をしていることを示す証
拠が取れれば終了」などというものではなく、離婚訴訟
など裁判関係や解決を希望しているケースでの助言や提
案もする探偵社に頼むほうがよいと思われます。
婚姻届を出す前という方からの素行調査のお申込みだっ
てよくあることで、婚約している相手あるいはお見合い
相手の日常生活や言動の調査だって、以前とは違って多
いのです。調査1日に必要な料金は10万から20万円
が平均となっています。

離婚のための助言を受けている妻の原因の中で最も多か
ったものは、やっぱり夫の浮気。今回のことがあるまで
、私たち夫婦には関係のない他人事だと考えてこられた
妻の数が多く、夫の浮気が発覚して、混乱している気持
ちと夫や浮気相手への怒りが充満しています。
夫か妻のどちらかが不倫や浮気(不貞行為)などをした
といった状況だと、被害者側の配偶者は、配偶者の貞操
権を侵されて起きた心的苦痛に関して法律上も慰謝料が
発生し、損害賠償を求めることが可能になります。
不貞行為である浮気や不倫相手に向かって慰謝料の支払
い請求を行うケースが少なくなくなってきました。妻が
被害にあった場合でしたら、夫と不倫をした人物に「請
求して当然、しないのがヘン」なんて考え方が多くなっ
てきています。
確証と呼べるほどはっきりとした証拠を得るというのは
、長い時間と労力がなければ困難で、世間一般の仕事を
している夫が妻の浮気の現場の確認をするのは、難しい
ケースが大部分であるのでお勧めできません。
実際「不倫?浮気?」なんて不安になっていたとしても
、仕事をしつつ空いた時間だけで妻の浮気を調査するの
は、相当困難なので、最終的な離婚までにかなり長い時
間を要するのです。

 

ホームへ戻る