夫が浮気をしても、離婚しない女性たち

夫の浮気は許せないけど、様々な理由で離婚を望まない女性たち。

不倫、浮気調査などの場合は、悪条件の際の証拠写真な
どの撮影なんかがしょっちゅうあるので、探偵社や調査
員が異なれば、尾行技術の水準及び撮影用の機材の格差
がかなりあるので、注意しなければなりません。
仮に夫が「ひょっとしたら浮気をしているのかも?」と
不安が膨らんでいても、仕事をしつつ空いた時間だけで
妻が浮気していないかを調べることは、考えている以上
に障害が多いので、離婚までに非常に長い月日がかかる
ことになるのです。
なんとなく夫の行動が今までと変わったとか、少し前か
ら残業になったと、帰宅時間が遅くなった等、夫が浮気
しているんじゃないかと疑問視したくなる状況は非常に
多いと思います。
早いうえに間違いなく対象者に気付かれないように浮気
が間違いないという証拠を得たい。そんなときは、信頼
できる探偵に助けてもらうのが最善の方法です。調査員
の能力も高く、調査機材もきちんと揃っているのです。

別に離婚がまだの方でも、パートナーに隠れて浮気であ
るとか不倫をされた場合は、慰謝料の支払い要求をして
いただけますが、離婚して請求した場合の方が慰謝料の
額に関して高額になるのは嘘ではありません。

慰謝料というのは請求が了承されないというケースもあ
るんです。慰謝料の支払いについて要求して大丈夫か否
かについては、簡単には回答することが不可能なケース
がかなりありますから、専門家である弁護士と相談しま
しょう。
現在は、調査を行う探偵社の料金体系は、一定の基準が
存在していないうえに、独自の各社ごとに作成した仕組
みがあるので、なおさらわかりにくいのです。
必要になる養育費とか慰謝料を先方に請求することにな
ったときに、相手を不利にする証拠をつかんだり、どこ
の誰と浮気しているのか?といった身元確認調査、そし
てその人に対しての素行調査も行います。
不倫していることを内緒にして、突然離婚を望んでいる
と言ってきたときは、浮気や不倫が察知された後で離婚
することになってしまうと、それなりの慰謝料の請求を
される可能性があるので、バレないように画策している
ケースが少なくありません。
なんといっても浮気調査・素行調査に関しては、とっさ
の判断があるから結果がよく、とんでもない大失敗を起
こさせないのです。大事な人について調べるということ
なので、高水準の技能や機材による調査は不可欠だと言
えます。

あっち側では、不倫問題を特別悪いと考えていないケー
スが多く、こちらの呼びかけに応じないことが相当ある
のです。ところが、弁護士事務所から文書が送付された
ら、放置するわけにはいかないのです。
不倫相手などに慰謝料を請求するタイミングっていうの
は、不倫の動かぬ証拠を発見したとか離婚以外はない、
と決断したときしかないなんてことはありません。実例
では、話し合いが終わっている慰謝料が離婚後は支払っ
てもらえないといったケースも見られます。
配偶者に浮気を認めさせ、合わせて離婚裁判や慰謝料の
損害賠償にも、言い逃れできない証拠がすごくカギにな
ると断言できます。探し出した現実を確認させれば、ト
ラブルにもならずに進めていただけるものと思います。

素人には難しい不倫調査を考えているのなら、プロの探
偵に頼むのが最良です。慰謝料を十分にもらいたい、復
縁せずに離婚を望んでいるという方でしたら、間違いの
ない証拠を握っておきたいので、絶対条件です。
各種調査をお願いした時に必要な自分のケースのはっき
りとした料金がいくらなのか知りたいのですが、探偵の
調査料金等のはっきりした金額は、その都度試算した見
積書を作らないと明確にすることができないのでご注意
ください。

 

次のページへ