離婚裁判で勝利してもその後の自分の道を見失わないで。

浮気調査の証拠をもって離婚裁判に勝利した後のあなたの進むべき道。

なんと探偵事務所、あるいは興信所についての料金シス
テムや基準について、共通の基準や規則というものは存
在しておらず、それぞれの会社ごとの料金体系があるの
で、なおさらわかりづらいのが現状です。
微妙に夫の言動が妙だったり、近頃突然「仕事が終わら
なくて…」なんて言って、家に戻るのがずいぶんと遅い
時間になったとか、「浮気してるんじゃないの?」って
夫を疑ってしまう原因も多いものです。
一般的に夫が妻の浮気や不倫を覚るまでに、長い月日を
要するとされています。家で一緒にいても僅かながらの
妻の変わり様をかぎ分けることができないのが大きな理
由です。
裁判や調停で離婚成立前でも、不倫や浮気(不貞行為)
に関する慰謝料などの請求が可能なんですが、離婚して
請求した場合の方が慰謝料の額が高価になるという話は
実際にあるようです。
加害者に慰謝料を支払うように要求するときに求められ
る条件をクリアしていないのであれば、支払を求めるこ
とができる慰謝料がわずかなものになったり、状況によ
っては不倫や浮気の加害者なのに少しも請求できないな
んてことになる場合もあり得るのです。

向こうさんは、不倫や浮気という行為について、たいし
たことではないと捉えていることがかなりあって、連絡
しても応じないことがよくあるのです。でも、弁護士が
作成した書類が送られたら、今までのようにはいきませ
ん。
夫婦ごとに開きがあるので、はっきりは言えませんが、
配偶者の浮気、不倫のせいで「離婚」となったという事
情なら、慰謝料として支払う金額は、100万円以上3
00万円以下程度というのが平均的な金額だと思います

「携帯電話を見ることで浮気の証拠を発見する」こんな
方法は、一般的に使用頻度が高い手段の一つです。携帯
やスマホは、いつも当たり前に使っている通信機器です
から、どうしても証拠が残りやすくなるのです。
利用の仕方はバラバラ。けれども調査している相手の買
い物の内容やゴミの中身等々、素行調査をすれば想像を
大きく超えたとんでもない事実を知ることが出来てしま
います。
法的機関の場合、状況が確認できる証拠とか当事者以外
から聴き取った証言などが不十分であれば、浮気があっ
たとは取り扱いません。離婚調停・離婚裁判は考えてい
るほど簡単じゃなく、やむを得ない事情が無い場合には
、OKはでません。

見積もりの金額の低さのみを選択する基準にして、調査
依頼する探偵や興信所を選ぶようでは、後に使える証拠
も入手できないのに、意味のない調査料金だけはしっか
り取られてしまうなどといった事態もありうるのです。

相談していただけば、予算額に合わせた最善の方法を教
えてもらうことだって問題ありません。調査は確実で料
金面も心配がなく、調査を任せられ、間違いなく言い逃
れのできない浮気の証拠を探してくれる探偵に頼むこと
にしてください。
調査の調査料金というのは、各探偵社で相当大きな差が
あります。だが、料金がわかっても探偵の能力がどれほ
どなのかという点はわからないのです。あちこち聞いて
みるのも肝心です。
給料の額あるいは浮気していた年月なんて条件で、請求
できる慰謝料が高くなったり低くなったりバラつくんで
しょ?なんて質問も多いのですが、実際はそうじゃない
んです。ほとんどの場合、最終的な慰謝料は約300万
円と考えてください。
あなた自身が配偶者の素振りがおかしいと感じていらっ
しゃるのであれば、一番に浮気の証拠になりうるものを
集めて、「浮気しているのかしていないのか!?」確か
めるのが最良の方法です。疑っているばかりじゃ、解消
に向けて前進にはつながりません。

 

次のページへ