奥様の浮気は辛いですが、証拠をとって相手の男性に慰謝料を請求しましょう。

奥様を奪われたなら。。。その事実にあなたは何時気がつくことが出来ますか?

離婚のアドバイスを求めている妻の理由の中で最も多い
のは、やっぱり夫の浮気。夫の浮気を確認するまでは、
無関係だと考えてこられた妻が少なくなく、夫が不倫し
ていることがはっきりして、信じられないという感情や
怒りの感情でいっぱいなんです。
客観的に見て間違いのない証拠を入手するためには、体
力や気力、それに時間を必要とし、夫が仕事をしながら
妻の浮気のシーンを探し当てるのは、うまくいかずに断
念するケースは珍しくないのでお勧めできません。
調査をお願いする探偵は、どこであってもかまわないこ
とはないと断言します。めんどうな不倫調査の結果とい
うのは、「探偵を選択するときに決まったも同然」そん
なふうにはっきりと言ってもOKです。
きっと探偵に何かをお願いすることになるのは、一生に
一回あるかどうかという方がかなりの割合を占めるはず
です。何かしらの仕事を探偵に依頼したい場合、最も気
になるのはやっぱり料金です。
素人である本人がターゲットの素行調査や尾行に挑戦す
るのは、様々なリスクを覚悟しなければならず、相手の
人物に見つかってしまう場合が想定されるので、特別な
事情でもない限りは探偵などプロに素行調査をしてもら
っています。

「調査の担当者の保有する技能や最新の機器を使ってい
るか」によって浮気調査に差が付きます。調査を行う担
当者が持っているスキルっていうのは調べて比較なんて
不可能ですが、いかほどの機材を備えているかであれば
、調べられます。
違法行為の被害額や慰謝料などの請求については、3年
で時効が成立すると民法の規定によって定められている
のが事実です。不倫を発見して、ためらわずに弁護士の
先生に相談することで、3年間の時効問題が生じること
はありません。
妻がした浮気は夫サイドがした浮気とは大きく異なって
、そういった問題がわかった時点で、最早、夫婦として
の結びつきは元の状態には戻せない状況になっている場
合が多く、離婚という答えをすることになる場合が多い
ようです。
何より「どうも妻が浮気しているみたいだ」という相談
をするっていうのは、どうしても恥ずかしさとか見栄に
邪魔される形で、「こんな恥ずかしい話はできない」な
んて決め込んで、苦しんでいることについての相談をぐ
ずぐずしてしまうことも多いようです。
浮気とか配偶者を裏切る不倫によって平和な家庭を完全
に崩壊させ、離婚以外の道が無くなる場合もあるわけで
す。またさらに、精神的に損害を受けたことへの相手か
らの慰謝料請求に関する問題まで生まれます。

「妻は隠れて浮気している」という点について証拠とな
るものを本当に持っていますか?浮気の証拠というのは
、確実に浮気している内容のメールや、浮気相手とラブ
ホテルに連れだって入っていくところの証拠の写真ある
いは映像といったものです。
ごくわずかに、料金の設定や基準を確認できるように公
開している探偵事務所も営業していますが、依然として
料金に関しては、具体的に見られるようにしていない探
偵社とか興信所がたくさん存在している状況です。
配偶者のいる人間が相手の目を盗んで浮気とか不倫に及
んだということであれば、もう一方、つまり浮気の被害
にあった方は、浮気・不倫相手がやった貞操権の侵害に
よる精神的苦痛に対する慰謝料に充てるため、支払を要
求することだって可能なんです。
プロである探偵事務所はかなり浮気調査の経験が豊富な
ので、相手が浮気や不倫をやっていたとしたら、絶対に
言い逃れのできない証拠をつかみます。証拠を手に入れ
たいなどと考えているのであれば、相談するほうがいい
とお思います。
探偵が行う浮気調査だと、一定の料金が必要ですが、実
際にプロが動くため、期待以上にいい出来栄えの望んで
いた証拠が、見抜かれる不安を持つことなく手に入れら
れるわけですから、抜群の安心感なのです。

 

次のページへ